Top
うみラボ「サステナ部」ヒラメ釣行開催のお知らせ – いわき海洋調べ隊「うみラボ」公式サイト
fade
2172
single,single-post,postid-2172,single-format-standard,eltd-core-1.0,flow-ver-1.1,,eltd-smooth-page-transitions,ajax,eltd-grid-1200,eltd-blog-installed,page-template-blog-standard,eltd-header-vertical,eltd-sticky-header-on-scroll-up,eltd-default-mobile-header,eltd-sticky-up-mobile-header,eltd-menu-item-first-level-bg-color,eltd-dropdown-default,eltd-dark-header,wpb-js-composer js-comp-ver-4.11,vc_responsive
HRS_8473-(1)

うみラボ「サステナ部」ヒラメ釣行開催のお知らせ

今年、いわき海洋調べ隊うみラボでは、いわき沖、双葉沖の魚の資源量を調査するための釣行を企画して参りました。やはり常磐沖の海洋資源はすごい。その実感を深めているところです。

 

そ、こ、で、

 

我々は、うみラボ「サステナ部」を結成。常磐沖の豊かな海洋資源に着目した釣りを行なっていくことになりました。最初のイベントは、満を持して「ヒラメ」の資源調査を行います。常磐もの筆頭の「ヒラメ」。その資源の回復ぶりを調査するとともに、常磐沖の潮目の海の豊かさをご体感ください。

 

今回より、うみラボの釣行は「サステナブルフィッシング」をテーマに掲げます。せっかく回復した資源を獲り尽くしてはいけない。数々の苦難を経て、福島の海の宝物として再生した資源だからこそ、その価値を再確認しながら釣りを楽しんでいきたい。そう考えるからです。

 

今回の釣行、ヒラメの持ち帰りは「1人3枚まで」とします。また近海のヒラメ漁と同様「50cmに満たないものはリリース」というルールを設けます。何枚も持ち帰ることはできませんが、70cmを超えるような大きなヒラメとの格闘、達成感こそを成果として下さいませ。それが新しい「サステナブルフィッシング」! 常磐沖にしかできない、ダイナミック且つ自然と調和した新しいスタイルの釣りです。

 

このルールに同意、福島からの「サステナブルフィッシング」の発信にご賛同いただける方の参加をお待ちいたします。さああなたも、常磐沖の豊かさを、世界に発信してください!

 

 

いわき海洋調べ隊うみラボ「サステナ部」ヒラメ資源調査釣行

日時:2018年9月30日(日)
スケジュール:5:45集合 6:00出港 13:00ごろ帰港予定
集合場所:いわき市久之浜漁港
参加費:¥8000/人
募集定員:9名

 

※釣ったヒラメの持ち帰りは1人3枚まで。50cm以下のヒラメはリリースして頂きます。
参加費には、イワシの生き餌代が含まれます。生き餌で釣りを楽しめる最高の機会。ぜひご参加ください。ルアー、ジギングでの参加も可能ですが、参加費用は共通とさせてください。
※貸し竿は3本しかご用意できません。釣りの装備のない方の参加は、先着3名さままでとさせて頂きます。
※船上でお昼を迎えます。おにぎりなどの軽食、飲み物などは各自ご用意ください。酔い止め薬はうみラボでご用意します。
※今回は船釣りプログラムですので、通常の海洋調査ではありません。原発1.5km沖には行きませんのでご注意ください。メインはいわき北部沖、双葉沖など、通常の操業エリアとなります。

 

申し込み:iwakiumilabo@gmail.com

小松けんきゅう員
小松けんきゅう員

うみラボけんきゅう員。釣るよりも食べるほうの専門。